電子カルテをクラウド化するおすすめの方法

これまで紙に記録していた診療記録を電子化し、データベース管理する電子カルテの導入が進められています。診療記録を電子化すれば、情報が一元化され、情報整理が楽になるからです。レントゲンなどの画像もリンクさせられるうえ、紙のカルテで起こりうる紛失などのリスクを避けることができます。また、クラウド化することで、情報の共有が可能になり、薬の処方重複などの人為的なミスを避けることができます。クラウド型の電子カルテはデータセンターに保存するため院内にサーバーを設置する必要がありません。バックアップやメンテナンス作業をする必要がなく、大変便利です。電子カルテのクラウド化をするには、システム会社との契約が必要です。運用していくためのコストは必要ですが、業務効率も上がることから、普及しています。

カルテの電子化やクラウド化はこれから医療に必須

これまで紙のカルテで管理してきた医師にとって、電子カルテへの切り替えは抵抗を感じるかもしれません。しかし、電子カルテ導入は、これからの医療業界にとって必須とも言えます。パソコンに慣れていない方も直観的に使えるような入力方法になっており、好みに合ったものを選ぶことができます。システムのメンテナンスやバックアップはもちろんのこと、紙のカルテからの電子カルテ化や、電子カルテをクラウド化するといった作業は、システム会社で行ってくれます。運用を始めるにあたり、導入にかかる費用と運用にかかる費用など、コストはかかりますが、そういったコストも払しょくできるほどの業務効率化を狙うことができますので、おすすめです。たくさんある電子カルテシステムより、入力や運用、閲覧など最も快適に使えるものを選びましょう。

電子カルテのクラウド化、メリットやデメリット

電子カルテは紙のカルテに比べて、保存場所を取らない事はもちろん、システム会社と契約することでデータの管理、バックアップ、システムの更新や、メンテナンスなどの煩わしい作業から解放されます。またクラウド化すれば院内だけにとどまらず、院外の端末からも情報にアクセスすることができるなど、スマートに情報の共有が可能となっています。一方、操作に慣れる必要があり、医師だけでなく事務や会計、受付も操作を覚えなければならないため、慣れるまでに時間がかかることがあります。災害時や停電が起こった場合にも不安はあります。万が一に備え、紙カルテに切り替える訓練もしておいたほうがよいです。電子カルテ導入において最も悩むころは運用費用です。費用対効果を考えて利用に合った電子カルテを選びたいものですね。