電子カルテをクラウド化した効果はどのようなものか

医療機関では日々多くの患者の情報を扱わなければなりません。往来の履歴や病気に関する履歴、施した治療法、処方薬、担当した医者やその時に下した診断内容などの膨大な内容が一人一人の患者さんに紐づけられていきます。このような個人情報は従来ですと、職員が手書きなどで紙のカルテに記入していき、その膨大な量を病院側がストックしておく形をとっていました。ところが近年ではインターネットを使っての電子のカルテが登場して、多くの人手が必要とされてきていた手書きの作業も多くが簡素化された経緯があります。この時にはデータベース内に患者の個人情報がストックされていくことになりますが、そのデータ量も日々と供にやはり膨大なものとなってしまっているのです。このようなことから、情報管理をより管理スペックの高いクラウドに置き、そこからカルテの管理をするスタイルへと変わりつつあるのが現状です。

電子へのカルテ化が進むほどクラウドは必要になります

電子のカルテの膨大な個人情報データをクラウド内に置くことによって多くのメリットがあります。ネットを介して情報のやり取りが従来でのデータベースよりも、高速で遥かに膨大な量を扱えるようになります。クラウドは容量も大きくスペックが高いですので、処理能力も当然その分上がってきます。それが実際の業務にも反映してくることでしょう。また医療機関が多くの端末に繋がっていたり、複数の関係先があったとしても、同じクラウドにアクセスするだけで、同時に同じ情報を共有することができます。この点でも業務の面でメリットが大きいです。端末操作に慣れれば誰でも扱いやすく、人件費の面でもコスト削減ができる可能性がありますので、今後も多くの医療関係の現場では電子のカルテへとシフトしていくでしょうし、それに伴いより膨大となっていく情報量を管理するために、さらに扱いやすいクラウド化へと進んでいくことになるでしょう。

電子のカルテをクラウドで扱う上でのデメリットも知りましょう

電子のカルテの扱う膨大な個人情報を、共通のクラウド上に置いておけば、ネットを介する環境さえあれば、簡単に情報を取り出せるのは人的にも業務でも費用の削減が出来て期待も大きいです。そしてこれは何も医療機関に限らず多くの業種にとっても同じで、近年ではネットを介しての情報伝達を、クラウドを軸にして行っているところが多いでしょう。しかしネットを使うことによってのデメリットのことも懸念されているのも事実です。ニュースなどでも耳にされることが多いですが、クラウド内にある情報の流出の可能性は、一番避けなければいけないデメリットでしょう。その他にも情報のやり取りで発生するウイルスの侵入、突然のネット回線の不具合などが、業務に直接大きく関わってくることですので、そのようなデメリット面も把握して予防策を持って利用することが大切です。