カルテの電子化に伴うクラウド化を検討する

病院の中でとても大切なものの一つにカルテがあります。患者さんの個人情報から、病名、診療内容などが細かく記載されたものです。カルテは医者が手書きで書いていましたが大きな大学病院などがカルテを電子化するシステム導入をはじめ、今では数多くの病院がカルテを電子化にしつつあります。そこで今注目されているのがカルテの保存方法をクラウド化するということです。ちなみにクラウド化とは、インターネットなどを通じて外部のクラウドサービスを利用して保存をするということです。カルテの電子化とその保存をクラウド化するということには大きなメリットがあります。大きな病院になればなるほどカルテの枚数も多くなっていき当然電子化することが無難であり、保存方法をクラウド化することも大変おすすめの方法と言えます。

カルテの電子化とクラウド管理のメリット

カルテの電子化とクラウド管理にはたくさんのメリットがあります。まずカルテの電子化ですが、最初に述べたように大きな病院になればなるほどカルテの枚数というのは多くなってきます。それを電子化にすることで書類を減らすことができます。また、病院内の全ての科や受付、院内処方をしているところではそれらすべての科でカルテの共有ができます。これが最大のメリットです。同じ患者さんが、別の病気にかかり違う科を受けるとなったときに、カルテが電子化されていれば一から説明する必要が無くなり患者さんの負担が軽減されます。また別の病気にかかっていることも明確に分かりますし服用している薬の有無やその内容までしっかりと把握することができ、そういったところもミスが起こりにくくなるおすすめのポイントです。

カルテの電子化に伴うクラウド化のメリットとは

電子化にしたカルテをクラウドで保存するシステムを取り入れている病院が多いです。このシステムを導入することでメリットが数多くあるからです。まずは、導入することで運用時の負担が大きく軽減されるという点が言えます。コスト削減という点のメリット、診療報酬改定があったときにクラウド化されたカルテはその作業が大幅に軽減されます。セキュリティ面での安全性が高くなることもメリットです。クラウド化することで高セキュリティネットワークを利用することができるようになります。また永久的にカルテを保存することができます。災害時などで病院のシステムがダウンしてもクラウド化されていればデータがクラウド上で保存されているので問題なく閲覧することができます。地域医療連携システムでもスムーズに行なうことができるなどさまざまな点でメリットが数多くあるのがクラウド化です。